UCLA Anderson Schoolで過ごした日々の記録とその後
by takekurakenya
検索
Visitors
ブログパーツ
カテゴリ
タグ
最新のコメント
青草さん、メアドを教えて..
by takekurakenya at 06:17
かおりん、メッセージあり..
by takekurakenya at 00:27
久々ミクシにログインしま..
by かおり at 22:17
結果が不安すぎて スク..
by かおじゃく at 22:39
こ、これはすごい! そ..
by かおりじゃくそん at 00:16
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
フォロー中のブログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
イオン銀行の競争力
子どもの送迎ついでに週に1,2回ほどイオンスタイル碑文谷に立ち寄るので、店内にあるイオン銀行で口座開設することに。年会費無料のクレジットカードと電子マネーのWAONもついた一体型のキャッシュカードを作りました。

小売業から銀行業界に進出したイオン銀行ですが、従来の銀行の概念にとらわれずにお客様目線で色々と工夫していると感じました。

1. 営業時間
店内のあちこちに置かれたポップ。一般的な銀行の窓口は平日の朝9時から15時までしか空いていないのに対して、イオン銀行は朝9時から夜20時まで、365日年中無休で空いているというのは圧倒的に便利ですね。仕事帰りや週末の買い物ついでにちょっと立ち寄って相談できます。
b0001324_22393097.jpg

2. 店舗レイアウト
銀行の店舗というよりはドコモショップや旅行代理店といった感じ。ゴージャスさはそれほどないものの、シンプルでゆったりとしたスペースにソファーが置いてあったり、相談ブースがあったり。
b0001324_22391869.jpg
b0001324_22393490.jpg

3. 伝票レス
口座開設というと伝票を何枚も記入するのが一般的ですが、こちらでは行員からiPadを手渡されてセルフで必要項目を入力するスタイル。基本的に横に行員が寄り添っているので不明点があれば補助してくれます。
b0001324_22400137.jpg
本人確認書類として運転免許証を選択すると、タブレットのカメラで行員が撮影し、その画像から自動的に氏名や住所、生年月日をOCRで認識してくれるので、これらの項目は入力することなく確認のみでOKです。ただし、光の具合でOCRが正しく認識されなかったようで、10回以上も撮り直していました。


4. 印鑑レス
タブレットで一通りの項目を入力後に、タブレット上で指でサインを書くことで本人の意思表示の証跡とするため、印鑑登録なしで口座開設ができました。住所変更くらいであればタブレットから暗証番号を入れることで実施できるそうですが、公共料金の口座振替やカード再発行等の手続きを行うためには印鑑登録が必要のようです。


5. 現金レス
口座開設時はゼロ円新規のみ、銀行なのに店内では現金は一切扱わないようです。定期預金や投資信託等を購入するときはATMから現金を自分で入金したうえで、タブレットから口座振替で実施するとのこと。イオン銀行のATMなら365日24時間、入出金の手数料無料で、みずほ、三菱東京UFJ、ゆうちょのATMでも平日18時までは手数料無料で利用できるというのは便利です。


6. 通帳レス
通帳を発行しない代わりにスマホの「通帳アプリ」で残高や入出金明細を確認できる仕組み。月次の取引明細書を郵送してもらうことはできますが、216円/月の手数料がかかるそうです。


7. カード発行
仮のキャッシュカードをすぐに発行してもらえるとより便利でしたが、90分程度かかるとのことでした。クレジットカードもつけた場合は審査も必要なので2週間くらいで自宅あてに郵送されるとのこと。


8. イオンでの買い物がお得
イオンで買い物するとポイントが2倍ついたり、毎月20日と30日はイオンの買い物が5%オフになる等、イオンと連携したメリットがあるのは小売業界ならではの訴求点。

といった感じで、口座開設をしただけでもざっとこれ位の相違点に気づきました。お客様にセルフで対応してもらうことで伝票、印鑑、現金、通帳の取り扱いを不要とし、こうした事務効率化で捻出したコストをお客様への魅力度向上(開店時間の長さや他行ATM利用手数料の無料化、ポイント還元、住宅ローン金利等)に振り向ける戦略ですね。

従来型の銀行にとっては大きな脅威ですし、学ぶ点も多いと感じました。第13回日経金融機関ランキングの顧客満足度で1位というのもうなづけます。

[PR]
# by takekurakenya | 2017-04-09 22:42 | いま思うこと | Trackback | Comments(0)
スタンレー
ライト・ラムの代わりにホワイトラムでつくってみました。
tspというのは、ティースプーン1杯ということで、5ml程度とのこと。

普通のカクテルと比べると、お酒60mlに対してシロップとジュースが10mlなのでアルコール度数高めですが、飲みやすいので要注意。

ラムとジンが織りなす洗練された大人のカクテル
独特な風味と香りをもつライト・ラムに、爽快でキレのあるドライ・ジンとのミックスは、まさに大人のカクテルといってよいだろう。ピンク色の見た目とは違い、アルコール度数も35度と高く、辛口だが、口当たりは比較的やわらかく飲みやすい。(カクテル・パーフェクトブック

・ライト・ラム 30ml
・ドライ・ジン 30ml
・グレナデン・シロップ 1 tsp
・レモン・ジュース 1 tsp
b0001324_19483457.jpg


[PR]
# by takekurakenya | 2017-04-02 20:06 | ホームバー | Trackback | Comments(0)
持続可能な経営と新しい働き方
b0001324_23345839.jpg
UCLAの大学院で経営学を学び、MBAを取得してから早いもので12年。MBAでは当時の最先端の経営学を身につけましたが、この10年だけでもテクノロジーの加速度的な進化や政治・経済の変化を受けて、経営のあるべき姿や働き方も大きく変わりつつあるように感じています。

特に感じているのが、「株主価値の最大化」という資本主義経済のベースとなる考え方の限界。特に近視眼的な短期での利益追求が行き過ぎてしまいがちな仕組みをどう補正するべきか。東芝のような悲劇を繰り返さないために企業経営はどう変わるべきか。キーワードをあえて1つだけ挙げるなら、sustainability、持続可能性を意識した企業経営を促す仕組みの必要性を痛感しています。

相変わらず仕事で忙しい日々が続いていますが、そんな時こそ気分転換を兼ねて目線を変えて新しい考え方、人々と触れることが大切。facebookで繋がっている仲間が主催したり参加したりするイベントを眺めていると、たまたま気になるキーワードが立て続けに流れてきました。いつもなら「忙しい!」を言い訳に目先のタスクに没頭してしまいがちですが、何とか無理して時間を作って参加してみたら、やっぱり得るものは大きかった!

この3ヶ月で参加したイベントとキーワードは3つ。(一緒に参加したPachiと杉浦さんのブログをご紹介)
1. Social Capital: 幸せと成功の源泉「ソーシャルキャピタル」を学ぶ
2. Mindfulness: 講演&ワークショップ(講師:Mindful Leadership Institute代表理事の荻野淳也氏)
3. CSV (Creating Shared Value): EGMフォーラム勉強会

こうしたイベントを通じて、色々なバックグランドを持った人たちの話を聴いたりディスカッションしたりする中で、もやもやと考えていることをとりあえずメモしておきます。


■消費者や社員は騙せない

従来の経営ではマスメディアを活用して一般大衆に向けたマーケティングを打つことで消費者のマインドに影響を及ぼして行動を変えさせるという考え方がベースにありました。しかし、ソーシャルメディアの急速な浸透により、個人が情報を発信しシェアすることが簡単にできるようになってきました。

いち個人でも企業の不正を告発できる発信力を持ち、消費者は企業がマスコミを通じて一方的に流す広告よりもネット上の口コミやSNSを通じて得られる仲間の意見の方をより信じるようになってきています。また、ブラックな職場環境を野放しにしていると社員からネット上で簡単に実態がシェアされてしまいます。

結果として、企業は存続するためには小手先の情報操作では持たなくなり、消費者や社員に対してよりオープンに誠実に向き合う姿勢が求められてきています。この変化を理解できない経営者が従来のマインドセットに沿って経営する企業は短期的には利益が上げられても、いずれ市場から退場させられることでしょう。


■社会の課題を解決するための経営

今までの製品開発では顧客のニーズを調査・把握してそれに呼応する製品を開発するアプローチや自社の持つ技術をベースに製品化を目指すアプローチが一般的でした。一方で、こうしたB to CあるいはB to B的な近視眼的な発想だけでは本当に世の中の役に立つ製品やサービスは生まれてこないという視点がこれからの企業経営ではより重要になってくると思います。

ここでポイントとなる考え方が「社会が抱える課題を解決するために何ができるか」という発想。B to Cの先にある社会を見据えた、B to C to S (Society)というビジネスモデルを念頭に、また目先の消費者・企業ニーズに追従するのではなく、その先にある社会課題に着目してそこから逆算して解決策を導き出すbackcasting的なアプローチです。

既存の商品やサービスであっても、それがどう社会の役に立っているかという視点で自分たちを振り返ることで社員が自分の仕事の価値ややりがいを再発見するきっかけにもなり、そこから次世代の商品・サービスを企画・構想する際の新たな気づきを得られるはず。

実はCSVという概念は、日本では「三方よし」という言葉で昔から広く実践されてきた考え方に非常に近しいと思います。単なる「やったふり」のCSRではなく、より本質的な新製品・サービスを生み出す発想法として、そして世の中に受け入れられる存在になることで結果的に適正な利益を生み出し、持続可能な企業経営につながるという考え方として認知されること、そして資本主義的にもこうした企業経営が「儲かる」という事実が経験的に数値で積みあがっていくことで経営者のマインドセットが変化していくことを期待しています。


■新しい働き方

ソーシャルメディアも含めて電通の悲劇が広く認知されたのを契機に、従来の働き方を変えていこうという大きなうねりを感じます。世界的にベストセラーとなった「ライフシフト」をいま読んでいますが、既に僕らの世代では寿命が100歳近くまで伸びることが十分に予測しうる中で、働き方は大きく変えていく必要があります。

職場レベルでの働き方の改革はもちろんですが、同時に自分を守るため向上させるための当たり前スキルとしてマインドフルネスを実践することが重要になってくるでしょう。周りの雑音に惑わされず、自分にとっての大事な価値に気づき、そこに集中すること。幸せになる答えは自分の中にしかないこと。グーグルをはじめとする世界の先進企業はこの重要性に気づき、企業として社員に対してマインドフルネスのスキルを身に着けさせるためのトレーニングを提供しています。


つまるところ、今までの企業経営では「速く利益を上げた者が勝ち」というナイーブな目標設定を掲げて短期的な視点に偏って競争を繰り広げてきたのがそろそろ限界に来ているという実感があります。企業側も短期的に株を売買してマネーゲームで儲けようとする株主にはペナルティを、長期的視点で株式を保有してくれる株主にはボーナスを与えられるような、株主との関係性の見直しを進めていくことが重要と考えます。

社員を大切にすることが結果として顧客のためになるという経営姿勢、顧客にオープンに情報を開示して誠実に向き合うことが結果として利益に繋がるという経営姿勢、社会課題を解決することが結果的に目の前の顧客にも評価され受け入れられるという経営姿勢、いずれも持続可能性を意識した長期的な目線での経営へのシフトがこれからの企業に求められると感じています。
[PR]
# by takekurakenya | 2017-03-26 23:26 | いま思うこと | Trackback | Comments(0)